進撃8月号の感想

 

私は先月と先々月を読んでないのだけど。

 

だが、

 

しかし、

 

 

久々に読んだのがこれは精神にダイレクトアタックMAXでしたねヮ(゚д゚)ォ!

 

 

 

私の中の進撃キャラピラミッドはエレンが頂点なので、

この先は兵長に辛辣です。お気をつけて。

 

ネタバレもお気をつけて。

 

 

 

何があったのか分からんが、炭になってるのがアルミンであるのは分かった。

団長も死にかけてるのが分かった。

兵長が巨人化注射薬を持ってるのも分かった。

 

アルミンを選んだはずだった兵長は、

後から運ばれてきた重症の団長を見て、

 

「人類を救える方を選ぶ」と言った。結果がエルヴィン。

 

 

 

 

………。

 

ねえ、それ私情だよね?

私情に大義名分載せるんだ?

それ、あなたが散々罵ってきた曰く豚どもと一緒だよね?

エルヴィンの戦う理由が個人的野望(?)だってこと、知ってるよね?

あれは人類を救うためじゃないよね?

…アルミンもまあ、人類を救うためなのかって言うと違うけどさ。

 

なぜ私情だけ言わなかったの?

大義名分載せただけでクズに見えちゃうってすごいよね。

ただ、「エルヴィンを助けたい」とだけ言えばよかったのにね。

汚い大人の姿をエレンに見せちゃったね。

それ、エレンが一番嫌いなやつでしょ?

 

とりあえず、団長運んできたモブさんは頑張った。

あなたに罪はないよ。頑張ったね…。

 

もう私、純粋な形でリヴァエレ書けないと思ったよ…。

いや、二次創作に純粋も何もないんだけどさ…。

 

次号でミカサが何をしでかすのか、ある意味楽しみ。

以前から気になってたけど、彼女の頭痛には何か意味があるのだろうか…。

そして「お前を絶対に助けるからな!」って去っていった戦士長。

…え、なに、目的って座標じゃないの?

エレンの名前を知ってるのは、ライナーたちから聞いてるからだろうけど。

 

グリシャさんにそっくりなのは血縁だからとか?

あるいはクローンとか?

「お前は洗脳されている」と言ったけど、残念ながらエレンも父親が何をしたかったのか知らないんですね。

地下室に意味があるであろうことくらいで。

 

そしてまたエレン攫われフラグ。

ただし、このままアルミンが死んでしまえばエレンとミカサのダブル離反あり得る。

次にジーク戦士長に接触されたら、有無をいわさず着いて行く気しかしない。

離反しなくても、まあ信用はしなくなるだろうね。

104期は基本がエレン中心だから、納得しようがしまいが兵長に対して疑惑は残るし。

 

諫山先生は、ほんとに一番精神抉る形で「人間」を描いてくれますね…。

ほんと凄いよ…。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。