00劇場版の叫び

 
ガンダム00劇場版~A wakening of the Trailblazer~

見てきました。見てきましたとも!
中身の感想はネタバレばっかりですので、折り畳みからどうぞ。

ありがとう、00スタッフの皆様。
今まで本当にお疲れさまでした!

とりあえず、甘く見てた。
00の劇場版か、まあ見ておこうかな、レベルで見に行ったのは甘かった。
その証拠が、あの見終わった後の売店への長蛇の列だと断言出来る。

私が見に行った映画館、10階建てで、00は5階で上映、関連グッズ(パンフ含めて)はすべて10階だったんです。で、まあ満員に近かったのでエレベーターは凄い混雑。パンフとか買う人たちはみんな階段へ誘導されました。で、登りますよね。

6階 から すでに 行列  ( ゚д゚)ポカーン

私もね、見終わってからパンフ買えばいっか~って思ってたんですよ…。
ふふ、たぶん皆そうだったんだろうね…。
見終わってテンションマックス→買って返ろうと思ったんだよね…(苦笑)

私がレジへ到達した段階で、画集が売り切れていました。
クリアファイルは見本品が出されていたので、あれが最後の束だったんだろう。
ちなみに私の買い物は、刹那仕様のパンフとポストカードカレンダーでした。
…画集が欲しいです。

さて、この先はネタバレ感想になります。
見たくない人はここでページを閉じましょう。



敢えて言わせてもらおう。最高であったと!


※感想が行き場を失ったスーパーハイテンションでめちゃくちゃです。注意(苦笑)


OPであっれー?www
オチに気がつくまで随分かかりましたw
沙慈、ツッコミどころはそこかいw

さて、ガンダムを使わずに活動を続けていたCB。
メインはせっつーとライル。

「あいつの鈍さは筋金入りだな…イノベイターのくせに」

うん、たぶん筋金入りとかそういうのも超えてるんじゃないかな!

2th最後で明らかになった母艦「ソレスタルビーイング」は、連邦政府が使っているんだね。あそこにヴェーダもあるんだっけ?ん?ヴェーダの本体は月か。
てことは、あれがヴェーダと直接リンク出来る、一番性能が高い外部端末かな。
ティエが自分の身体を眠らせてた場所は、他の誰も入れないところなんだろうね。

初っ端からホラーで不安だった…。
あの、女の子がリボンズ型エルスに取り込まれるところが…((;゚Д゚)ガクガクブルブル

2th最後以降、リボンズたちが持ってたデータは連邦に共有されたってことでいいんかな。そうじゃなきゃ、イノベイドがヴェーダの生態端末であるとか、イノベイターとなり得る因子とか、ヴェーダの構造とか、そういうのを知らないだろうし、軍も使えないだろうし。

デカルトさんがせっつーと会話すること無くお亡くなりになったのが、本当に残念過ぎる…。
面白い会話をしてくれたと思うんだよね。

せっつーとデカルトさんは、vsエルスで脳量子波を使おうとすると途中で自分が参る。
それが後々でティエリアが言った「膨大な情報量」なんだろうな。
エルスは自分たちの情報を人類へ送ってる。送ってるより流してる、のが正解かも。
人類やその兵器を取り込んで、その知識を理解し始めてる。
でも自分たちが送った情報を、人類が受け止めてくれない。だから敵対した。
…と、私は理解した。…が、もう一度見たら違う気もする。

エルスの「叫び」。
言葉を話さない金属生命体、だけど意思がある、じゃあどうやって会話?
そのキーワードが「花」なのかな?

ダブルオークアンタの登場がほぼクライマックスで、予想外だった。
GN粒子を最高濃度+最大出力で散布して、意識という信号を拾う。
エルスの核からクアンタが出ようとした時、エルスが出口を開いた。
あれがきっと、「人類は理解し合える存在である」とエルスが認識した瞬間じゃないかな。

あの宇宙に咲いた花が、どうやって作られたものなのかがさっぱり…。
GN粒子で作ったのかな…それともせっつーと対話したエルスが作った?
いやでもそれだと、あれを見てエルスが動きを止めた理由が無いし。
花の中央にクアンタ、花の形状はせっつーの故国に咲いていたもの。
粒子を散布出来るなら凝縮出来るし、やっぱりGN粒子…?

どんどん良いとこ取りをして行ってくれたハム氏。
男前過ぎるなあ。相変わらず、ずっとせっつーを追いかけてくれていました。
…何が酷いって、せっつーがハム氏を思い出した瞬間が最期っていうのがね…。
刹那、そりゃないぜよ…。
なんかビリーの婚約者っぽい、ほぼネーナの容姿をしたミーナ。声も釘宮さん!
色っぽいね。押せ押せ女史さん。
コーラが大佐大佐言うから、私まで大佐って言っちゃったじゃないか…。
やつは相変わらず不死身だった。
最後の戦闘の端々で、端から見るとおかしな人なアレルヤとハレルヤの会話。
それを真面目に真面目に受け止めて任務を遂行するソーマさん。最高でした…。

小熊…。不覚にも泣きそうになったよ…(つд`゜)゜。
ていうか本気であの瞬間だけ泣いたかもしれない。

でも、CBは今度こそ、みんなで生き残って良かった…っ!

せっつーが意識の狭間で今までの記憶を辿るのが、なんかもう切なすぎて。
やっぱりロックオン(ニール)の言葉は、大きいんだなあ…。

エンドロール後、いきなり過去へ飛んだ模様。
古谷さんボイス聴こえてびっくりした。
そしてまた未来へと時間が飛んで、ついに人類の4割がイノベイターに。
外宇宙探査船「スメラギ」か。年数が分からなくて何年後か分からない。
でも相当な時間は経ってるはず。実は映ってたティエに笑うw

イノベイターの寿命は、人間の2倍以上。
つまりせっつーの寿命は200以上、老化スピードはたぶん1/10以下。
あの探査船にティエが居るのは当然として(なんせ=ヴェーダだし)
あれにせっつーがクアンタ共々乗ってた、ってことだよね?
エルスの核に入った後、ティエと「彼らの母星へ行かないと」って言ってたし。

対話を果たし融和をも果たした結果が、あの金属化。
でも手は金属になっていなくて、マリナには見えなくても手の温度が分かった。

クアンタから伸びていた翼みたいなのは、融合したエルスのような気がする。
刹那の帰りを待っているクアンタに、一瞬にして周囲の花々が咲いたのは、
エルスがその花に擬態したからなんだと私は思った。

刹那があの戦いで咲かせた「花」、それが対話へ繋がるとエルスも思っているから。

金属生命体であるエルスの寿命は、人間に換算して何年なんだろう?
彼の寿命はさらに長い(もしかしたら半永久的な)ものになったのかもしれない。
刹那がエルスとの融和を果たしたということは即ち、地球へエルスがやって来る?
すでにクアンタには彼らが居るけれど。

エルスの母星まで、往復で20~40年と見ていいのかな?
マリナが育てていた子供たちは、みんな成人しているみたいだし。
刹那のことだから、外宇宙へ行く前に「行ってくる」って報告したんだろうな。
だからマリナはあの場所で、1人になってもずっと待ってた。

「あなたの言っていたことは、間違いじゃなかった」
「あなたの行っていたことも、間違いじゃなかった」



…いくら考えても答えは出なくて、凄い作品。
00を見続けて良かった。好きになって良かった。
ガンダムと地球外生命体、これに関しては本当に賛否両論だと思うけど。

えっと、誰か映画の年表をください…(苦笑)
この映画は続編というより、過去編も見たい。…たぶん作られないだろうけど。

ありがとう、00。
ありがとう、00に関わった多くの皆様。

いろいろあったけど、私はこれからもガンダム00を愛し続けます。





…敢えて言わなかったが、言わせてもらおう。

手のひらサイズのティエリアはネタなのか?ネタで良いのかっ?!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。