懐かしいものを上げたので

その話など。
種+Dで結局未完のままになった「黙示の翼」。
その最終話までのおおまかなプロットと、いずれ上げようと(当時)思っていたのであろうキャラとMSの設定が出てきましたので、貧乏性ゆえに上げてみました。この先更新されることはないので、今さら…本当に今さらですが、当時楽しみに読んでいただいていた方に読んでいただければと。
このボリュームを書こうとしていたとは、当時の私はなんと無謀だったのでしょうか…(´・ω・`)
何というか、10年前の作品だと思うといろいろ…当時はいっぱい書いてたな、と思います。
そしてアニメを見返すのも当たり前だったな、と。
今の私は歳のせいか、苦しいものが見返せずギアスR2なんて以ての外なのですが。
「月と太陽」「黙示の翼」には、スピネル・フォーカスという名のオリジナルキャラが登場します。
種後半に出てくる連合組が好きゆえに、彼らのことを描くための媒体として生まれました。
裏話は「月と太陽」のあとがきのとおりですが、種D「黙示の翼」でも同様に、連合側を書くにあたって外せなくなってしまいました。なんの偶然か、過去の境遇がシンと似ていたのもありますが。
また、種Dでフレイに次いでラクスが好きだったこともあり、プロットの終盤には彼女をなんとか救済しようと苦慮した後が見えます。ミーアの方が好きなので、ミーア優位になっちゃってますが(苦笑)
そういえば、スピネルとラクスには一切の接点がありませんね。
未完にするならせめて、スピネルとスウェンの話をもっと書けばよかったな、と思わなくもなく。
彼はスピネルにとって、似たような目線で甘えることが出来る人物となる予定でした。
ガーティー・ルーの面々はたぶん、一種の家族みたいな感じだったんだろうな、と。
家族という括りで行くと、これまた未完の「運命狂気」なんかがピッタリですが。
種も種Dも、私にとって大きな転機と言っても良い作品でした。
ガンダムを知ったこと、その世界を知ったこと、作画の良し悪しのこと、戦闘シーンのこと、大人の都合のこと、愛ゆえに憎しみを抱いた種Dという作品と脚本のこと、二次創作をするということ、愛と憎しみが紙一重であること、戦争のこと、デザインベビーのこと。
今思い返しても怒りが湧いてきたりしますが(もはや永遠に消えない)、ガンダムSEEDという作品と、その外伝に出会えて本当に良かったと思います。
種Dがなければ外伝の重要度にも気づかなかったでしょうし(目を逸らして)
自身の過去を振り返るという意味でも、素晴らしい出会いでした。
あ、ところでキャラ説明のプロトタイプメモにこんなリストがありました。
————————————
『種に関する疑問とか』
・SEED因子
・スーパーコーディネイターの”スーパー”
・メサイアの位置
・オーブの他の首長
・デストロイ開発について
・ユニウス条約破綻時期
・なぜベルリンだったのか
・ラクス暗殺の理由
・ユークリッドってどんなん?
・デスティニープランってそもそも何や?
・ラクスの正義の大いなる矛盾
・オーブの行動の謎さ加減
・ファントムペインの規模と目的
・マティスの行動
・アスラン、ラクスの亡命理由
・コペルニクスにAAが入れた理由
・アカツキが許される理由
・ウズミの理念破り
・他
————————————
要するに、こんだけの疑問点を自分なりに解決させないと小説にはならないわけで。
たぶんですが、これの途中で飽きたんじゃないですかね10年前の私…(遠い目)
特にオーブ組とエターナル組は、矛盾ばかりで考えるの疲れたと思います。今でも思う。